妹を溺愛していた父。妹もまたファザコンだった。ある日、父が亡くなって葬儀中に妹だけが笑っていた➡︎その理由とは・・・





本日の注目ニュース

 
衝撃

思い出の曲を静かに歌う妹と、耳を傾ける父。 

「お馬の親子」という曲は、父がよくまだ幼かった妹を背中に乗せて歌っていた歌でした。 

散歩に出かけた時も、手をつないでいつも一緒に歌っていました。 

父が携帯電話を持った時、妹は父からの着信音を「お馬の親子」にしていました。 

父の逝く日の夕方、父は妹に、「休め」と、口の動きで伝えました。 

それを見て、渋った妹ですが、父が余りにも言うので、付き添いの人用の仮眠室に行ったそうです。 

そして、父は逝きました。妹以外の家族と、兄弟たちに見守られて。 

起こされた妹が、父の傍に行くと、手を握ってまるで狼の咆哮にも似たような声で10分ほど大泣きしました。 

病棟全体に響き渡るような大声でした。父の事で、妹が泣いたのはそれっきりです。

葬儀の最中、悲しみに暮れる家族をしり目に、妹はいつもの笑顔でした。 

母親が「父さんがタヒんだのが悲しくないのか?!」と常時詰っていましたが、妹は笑っていました。 

「やっぱり頭が春なのよ…」と、噂する親戚や近所の人も居ました。妹は小さいころから少し特殊なところがありましたので。 

でも、妹は気にせず笑顔のままでした。

 

次のページに続きます…


 
   

今、話題の新着記事