【ホラー注意】「トウキョウ」の真実が闇深すぎる!新橋駅は2つ存在した…?





本日の注目ニュース

 
衝撃


一体誰が?なんのために?いや、そもそもこれは人間の仕業なのだろうか?
あまりに奇怪な事態に、俺は混乱し始めた。
いけない。疲れているのかもしれない。落ち着かなくちゃ。
・・・そう思った俺は、シャワーを浴びに浴室へと向かう。
熱いシャワーを一気に頭から被り、疲れと高揚する気持ちを鎮めようとするが、
どうしても「トウキョウ」という響きが頭から離れない。ホントウノトウキョウ・・・・。駅橋新・・・。

「もしかして・・・」
ある考えが頭をよぎるやいなや、俺は風呂を飛び出し、再びPCの前に舞い戻る。
濡れた髪をタオルでぬぐいながら検索エンジンを走らせた。
「やっぱり・・・駅橋新ってのはこのことじゃないのか?」
最近じゃ多くの人が知っていることだが、東京メトロ銀座線の新橋駅は二つある。
一つは現在多くの人が利用している新橋駅。

もう一つは戦前に作られ、わずかな利用期間で闇に消えた新橋駅・・・
すなわち駅橋新である。
文字が逆さに書かれているのは戦前表記のためだったのだろう。
これなら、「眠る」という表現も納得できる。

ってことは・・・
ここが「トウキョウ」の入り口?
旧新橋駅に、何かのヒントがあるのだろうか?
興奮に任せて、俺は「旧新橋駅になんかあるのかwww?」とレスを打とうと思った。
・・・しかし、リロードした画面を見ると、そこには既に返事が返っていたのだった。

そう はやく キテ ね?!?!?

続きは次のページをご覧ください。


 
   

今、話題の新着記事