職質を拒否したら2時間粘着されたので報復決行➡︎警察のざまぁな末路がこちら!





本日の注目ニュース

 
衝撃

俺「これって、職務質問ですよね。」
K「え?ええ、そうですが・・・」
俺「私は用事があるのであなたたちに構ってられません。拒否します。」
K「拒否って・・・。」

どうやらこいつは拒否されたことは初めてだったのらしい。

馴れてないらしく、

もう一人の警官(以下K2)が俺に詰め寄ってきた

K2「あなたの家はこの辺?」
俺「答える義務はないですね。」
K2「あなたの名前は?」
俺「答える義務はないですね。」
K2「なぜ?」
俺「法律的にですよ。警職法ぐらい知ってますよね。」
K2「知ってるよ。でもね、これぐらいの質問には答えてもらわないと。」
俺「義務がない。もう行きます。」
K2「待て」

そう言ってK2は俺の前に立ち、通行を妨げてきた。

正直に答えた方がすぐ終わる

だが、拒否することもできるからどっちを選んでも50、50だろ?

どっちが悪いか、いいかなんて個人が決める問題

この時点で、俺は携帯を取り出し、

証拠を取りに行く(録画開始)

俺「撮らせてもらいますよ。」
K2「いいですよ。いくらでも」
俺「まず、あなたがやっていることは違法です。職務質問を強要していますからね。」
K2「強要はしていないですよ。ただ、お願いしているだけで」←なんか敬語になってる

続きは次のページにてご覧ください。


 
   

今、話題の新着記事