なぜ拒まれているのか!?獅子舞お断りの真実!





本日の注目ニュース

 
衝撃
@Lantern_Parade @kakitama それで食いつなぐ人がいて、それなりに理解して受け入れていた人もいた(のに便乗して、詐欺のようにたかった人もいた)のだろうから、簡単に「暗部」というのもどうかと。
@Lantern_Parade いわゆる門付けの芸人の名残でしょうかね。日本に限った話ではないらしいですが
@Lantern_Parade @hatfull3104 子供のころ、正月にお店の入り口を完全に閉めて置く親を不思議に思いましたが、店のシャッターを開けておくと勝手に入ってくるから閉めてるのよと言われた思い出があります。指の欠損した方々が獅子舞の格好でお金をせびって回ってたようでした。その手の業界の一種のシノギだったんでしょうね。
@Lantern_Parade 正月に子供の頭を噛んだり、大人の手をかんだりするのがあるそうですが、その時口の中にお札を入れないといつまでも帰らないそうです。
上野の下町にも40年くらい前までいたみたいですね。
@Lantern_Parade とある人の歴史時代小説を鵜呑みにそのまま書くと、
芸能人には勝手に押しかけて芸を披露するという「推参」が認められていた時代があったとか。
@Lantern_Parade @Tnohito 日本の中世以来の伝統たる「門付け芸能」を絶滅させた看板ですねえ。なお、ぬこ田の寓居には平成の中頃まで山伏による竈払いが、節分の時期に襲来していた模様。平成の初めまでは当然正月の獅子舞が。なお、獅子の引退により廃絶した模様。
@Lantern_Parade @tadsan 1990年代に岡山市の路面店で働いていたころ、正月でもない平日に、獅子舞が店の入口で舞ってました。近づくと小声で「千円、千円」。なぜか50円を渡そうとした僕に「バカにするな!」と言って帰っていきました。
@Lantern_Parade @february220rose
まだ実家にいた子供の頃に良く来てましたよ。父親いわく「カセット獅子、ほいた(乞食の意味)獅子」だそうです。
要は物乞いと同じ。
@Lantern_Parade ふぐすまの田舎なので15年くらい前でも似たようなの来た
萬歳とか言うので
鼓持って勝手に入って 家内安全商売繁盛 と歌って鼓打って
いくらでもいいからくれって言って御札おいていく
@Lantern_Parade 昭和の暗部と言うよりは古来からあった門付け芸能のたぐいですかね。
皆川博子の小説にもよく出てきてました。
「(褒美を)とらせてやってくんなんし」
と言いながら謡い舞う芸能人で、迎え入れることもあれば追い払うこともある、と言う…。
@Lantern_Parade 新美南吉「最後の胡弓弾き」で似た記述を読みますた。
「諸芸人、物もらい、押売り、ゆすり、一切おことわり、警察電話一五〇番」(←青空文庫様より拝借)と貼ってあって云々と。
暗部というよりは恐らく、演る側は古来からの当然の振る舞い、でも時代とともに拒否する人が増えて、的な。

【画像】 AKB総選挙生放送中に失神放送事故www

キンコン梶原、妻への束縛10カ条www

人間に怯えて威嚇をしていた子猫が2時間後に豹変!見事に甘えん坊になっちゃった(笑)

店内に迷い込んできた1匹の猫ちゃん。店員さんが捕まえようと近づいていくと、、、まさかの大惨事に!!


 
   

今、話題の新着記事