奇声をあげて威嚇する超簡単な仕事を受けたニート!そこはとんでもないブラック企業だった・・・。





本日の注目ニュース

 
衝撃

5:名も無き被検体774号+:2012/02/13(月) 20:14:37.26 ID:9YZzFpZv0

面接官「ありがとう。では美少女さん、アナタはどうですか? 志望動機と資格や特技があれば教えてください」

美少女「私は、御社のライバルの存在である仮面ライダーを倒したいと考えています。その力になれば、と志望いたしました。
私は、米国の大学で飛び級をしており、生物学の博士号を持っております。御社の怪人の造成に役立つものだと自負しております」

元(かわいい)

面接官「はい、結構です。ではブサイクさん。あなたの志望動機と自己PRをお願いします。

ブ「はい。まず、私はグロンギです。そして依然は御社と同業界のザンギャックにおりましたが(略」

面接官「はい、結構です。では元ニートさん。志望動機を教えてください」

元ニート「えっと、はい、あの…御社の経営理念にカンメイをうけまして…」

面接官「当社のどういった理念にですか?」

元「えっと…あの…」」

面接官「では、趣味や特技を教えてください」

元「しゅ、趣味は、ネットで…特技は…ピーナッツの投げ食いです」

面接官「はぁ…。ではありがとうございました。結果は後日連絡いたします。イーッ!」

面接が終わった元ニートは、せめてもの八つ当たりにショッカー本社ビルのトイレでウンコした。

 

6:名も無き被検体774号+:2012/02/13(月) 20:15:22.70 ID:9YZzFpZv0

トイレから出ると美少女と遭遇

美少女「あ、さっきの、お疲れ様です、えっと、名前もう一度きいていいですか?」

元「え、ニ、ニートです。…ショッカーがんばってね。掲示板に書き込んで活動を支持するよ」

美少女「ニートさんも入社するつもりなんじゃないんですか?」

元「はは…ムリムリ。受かるわけ無いよ」

美少女「そんなこといわないでください」

清掃員「ん? どうしたんじゃ? 若いの?」

元「え? いや、今日面接だったんですけど、まあ、ぜんぜんダメだったんですよね」

清掃員「そうかい。そりゃぁ残念じゃの」

元「はーっ…まったく、イケメンとかリア充とか、まじで爆発しねぇかな…。童貞をバカにするやつらも死ねばいいのに。
大企業も全部つぶれてみんなニートになればいいのに…。世界滅びればいいのに。ヒャッハーたちが現れる世紀末になればいいのに」

清掃員「ほほお」

 

続きは次のページで!!


 
   

今、話題の新着記事