学生時代に気になっていた「貧乏な後輩」。しかし時間が経ったことで、それが恋だとわかり…。





本日の注目ニュース

 
衝撃

次の日から後輩が店に来るようになった。とっても明るくなった気がした。
親父も昼からはほとんど焼かなかったのに、夕方になって残りが少なくなりそうになったら、
あわてて焼くようになった。結構気を使っているようだった。
風邪をひいても毎日うちに手伝いに来た。
店が休みの時にはうちの掃除なんかを手伝ってくれていた。
いてあたりまえの存在になっていた。
俺はうちから1番近い公立高校に入ることになった。
後輩は高校には行かずに働くつもりでいた。
後輩がうちで今まで通り雇ってくれないかと言ってきたとき
「うちは高卒以上じゃないと雇わない。でも、高校に通いながら働くのだったら雇う。
勤労学生の学費はうちで出す。」と親父が俺の方を見て、ニヤつきながら後輩に言った。
お袋と後輩は「すみません。すみません」「いいのよ。いいのよ」と泣きだす。 
親父は1人うなずいている。 俺はなにが起きたのか分からなかった。
結局、後輩も俺と同じ高校に入学し、中学同様に仲良く生活していた。

 

高校を卒業して、俺も親父にパンの焼き方を教えてもらうことにした。
1年遅れで後輩もうちで本格的に働くことになった。
後輩の下の弟と次女も俺と同じ高校に入りながら、おじさんのところの豆腐屋では弟が、
うちでは妹が働いていた。 今では、弟はおじさんの右腕として住み込みで働いている。
妹もうちが業務拡大した時からのメンバーなので、なくてはならない存在となった。
1番下の妹もうちでバイトをしながら高校に行っている。 俺と後輩には今年の夏、子供ができることになった。

高校を卒業してから結婚するまでのことを書きます。

俺は高校を卒業してから親父に弟子入りして必死になって仕事を覚えていた。
でも1時、魔が差した時期があった。友達の紹介で同い年の女の子と付き合っていた。
仕事には差し支えないようにしたが、朝帰りすることも少なくなかった。
その女の子に部屋に泊まることも多かった。
楽しかったのだが、いつも心に後輩のことが引っかかっていた。

 

続きは次のページで


 
   

今、話題の新着記事