イジメてきた奴の子供が指導する少年団に入ってきた➡︎そこで子供に復習をすることにした結果・・・





本日の注目ニュース

 
衝撃

復讐は子にやるのが最良。 

そいつの子供に小学校から中学までの恨みをぶつけてやった。 

 

大勢から仲間はずれにさたと感じその子供は涙目。 

親の因果が20年以上のときを経て子に降りかかる。

 

発端は小学生のとき、転校してきた自分は、学校に馴染めずにいた。 

 

前の学校のかばんやジャージだったので、一人目立ち、無視とかされるようになった。 

 

その首謀者だったのがkだった。前の学校とは一転、暗い学校生活になった。 

 

時は大きく流れ、自分は地元少年団の指導員になっていた。 

 

そこで指導する子の中にkの子がいた。

 

はじめは普通に接したけど、昔の怒りがこみ上げ押さえが利かなくなった。 

 

子供に手を出すのは御法度と思うがどうにも我慢できない。 

 

次のページに続きます…


 
   

今、話題の新着記事