ちゃんと払ってるのに猛暑日に水道を止められた。水道局「1年以上滞納されてます!総額5万強!」私「えっ」➡︎なんと…





本日の注目ニュース

 
衝撃

そしたら「今日はあなたを信じて開けていきます。必ず今日中に支払ってください」って開けてくれた。 

お礼を言って、家には入らずそのままお金を都合つけにATMへ行って、役所へ払いに行った。 

息子がまだ3歳でなんの事だかさっぱり理解できない年齢だったのが不幸中の幸いでした。

パニクって何も考えなかった訳じゃないよ。 
まず支払いを考えた。5万も持ってないし。今すぐ払うにはカードで借りるしかない。 

絶対に嫌だったけど仕方ない。他にすぐに用立てることできないし。 
今日払って明日開けてもらうまでどうやって過ごすかとかも考えたよ。 

だけどあんまり情けなくってね。 

今までにも後から知らされた各種滞納は沢山あったけど(電気止められた経験もあり)、 
まさか月数千円の水道代を払ってないとは思わないじゃない。 

情けなくて情けなくて涙が止まらなくて、おじさんに泣きながら「今日中に絶対払います!」 
って言ってたらおじさんの方から「じゃあ今日は開けてくから」って言ってくれた。 

私はなんとかすぐに払うから、払ったらすぐに開けて欲しい!って意味だったんだけど、 
勘違いされたのかな。おじさんの厚意だと思うけど。 

 

30ぐらいで亡くなった嫁。俺ら家族に毎年1年毎に手紙を書いてくれていた。俺「今年は何が書いてあるかな」→手紙が捨てられてしまい・・・

亡くなった嫁の手紙を、捨てられたとき。
嫁が30ちょっとでなくなった。当時息子も娘も保育園の年齢。
病気だったから、準備の時間があって、俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、
そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。
息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。
俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。
一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、
これがあるから○にたいとおもっても○ねなかった。
誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、
先に読んでしまうことはしなかった。
次のページに続きます…

 
   

今、話題の新着記事