知らずに高級料理店に足を踏み入れてしまった➡︎場違いだと思い店から出ようとしたら・・・





本日の注目ニュース

 
衝撃

真っ赤な顔の僕に正面からの視線を合わせず、

店主は笑顔で「天丼はいかがでしょう?」と勧めてくれた。

「はい、お願いします」と僕。

ここは自分の居場所じゃないような、

お情けをかけていただいたような、

何だか居心地の悪い待ち時間を過ごしていた。

やがて、料理が出てきた。

出された料理を見て、

僕は店主に感服することになった

実際は、それほど長い待ち時間ではなかった。

しかし、こんな時の待ち時間は、

逃げ出したいほどの長さだった。

出された料理は「天丼」。

その料理を見ると、余った高級食材らしきものが集められていた。

つまり、かき揚げ丼の天丼だったのだ。

メニュー通りの高価格の天丼ではない。

そのことで、僕によけいな気遣いをさせることなく、

ただし、他の調理の余りモノながら、

店の品格として食材には妥協していない。

続きは次のページから!!


 
   

今、話題の新着記事