心臓病の兄と私を置いて借金を父に押し付け、有り金持って男と蒸発した母。そんな母から突然電話が!!「手術するから腎臓1つ頂戴」





本日の注目ニュース

 
衝撃

不倫していたとは知らず、専門職に就いていた母は口癖のように

「独立して軌道に乗れば父に掛け持ちなんてさせなくて済む。このままじゃ身体を壊す」

的なことを繰り返していたから、

不倫相手と暮らすための資金を調達させられるとは父も考えていなかった。

貯金ゼロで借金を背負い、兄の手術費用まで工面することになった父は身を粉にして働いた。

手術費用は父が親戚中に土下座して借りてきたものの借りたお金には返済がついて回る。

家にはいつもお金がなかった。

そんな生活のなかで救いだったのは父が再婚したこと。

借金つきでコブつきで、兄には持病があると承知で

父と再婚してくれた母にはいくら感謝してもしきれない。

母は父が脳梗塞で倒れたときも離婚しようとはしなかった。

パートとスナックのホステスを掛け持ちして家計を支え、

父がリハビリ中に自らの命を絶つことを考えるたびに諭してくれた。

次のページに続きます…


 
   

今、話題の新着記事