夜中にDQNから電話「事故って怪我人いるから来てくれ」俺「警察と救急車呼べ」DQN「みんな酒飲んでるから無理」事故った場所を聞いて警察に通報した結果・・・





本日の注目ニュース

 
衝撃

これ以上関わるのも嫌なので無視して先輩と風呂に行くことに。 

 

一時間くらいで戻ってくるとチャラ男の車が無かった

どうやら鍵は見つかったらしい。 

 

正直見つからなくてもいいかなとか思ってたかど、

乗せて帰れとか言われるのも嫌だから 少しホッとして家に帰った。 

 

悪夢はここから始まる

 

午前1:30分ごろ、俺の携帯が鳴った。 

 

見慣れない番号だが、一応出てみる…チャラ男だった。 

 

事故起して車が動かない、怪我人も居る、人通りも少ない、助けてくれ、こんな電話だった。 

 

「いや、それなら早く救急車と警察呼べよ、ここからそこまで片道4時間くらいかかるんだぞ」 

「いや、全員酒飲んでるからさ、呼べないんだ、ちょっとここまで来て代わってくれん?」 

 

…こいつ、俺に事故の身代わりをさせるつもりだ。 

 

「怪我人居るなら早く救急車呼べよ、バカかお前」 

「呼べねーっつってんだろ!早よ来いや、殺すぞ!」 

この瞬間、こいつら死ねって思った。 

 

次のページに続きます…


 
   

今、話題の新着記事