大雨の日に目が見えないおじさんを助けた➡︎娘さんと仲良くなったが、その子も視力が悪くなり徐々に見えなくなってしまい・・・。





本日の注目ニュース

 
衝撃

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/25(日) 13:06:53.18ID:t6A7Oy+m0
玄関先でおじさんをおろし、表札で苗字を確認する。
この家で間違いはないようだ。
窓からは灯りが見える。
俺はインターホンを押して、おじさんは玄関を開けた。

おじさん「君も入ってくれ」
そういってくれたので、俺は雨が当たらないところまで体を寄せた。
暖かい屋内の空気に一瞬体がほぐれたところで、どたどたと誰かが玄関に走ってくる音が聞こえた。

「お父さんっ!大丈夫だった!?」
半ば叫ぶようにして出てきたのは50台くらいであろうおばさんだった。

多分奥さんであろうその人に、おじさんは俺を簡単に紹介してくれて、えらく感謝された。
奥さん軽く涙を浮かべて、タオル渡してくれた。

すぐにでも風呂に入るように勧めてくれたけど、おじさんに先に入ってもらった。

石油ストーブの効いた暖かい和室に通され、俺はびしょ濡れの服だけ脱がせてもらって体を拭いていた。
ほどなくおじさんが風呂を出てきた。俺に気を使ったのか早風呂なのか分からないが、かなり短時間だった。

俺も体が冷え切っていたので入らせてもらうことにした。
最近リフォームした感漂うすごくきれいな風呂だった。
一人暮らし生活で風呂に湯を張ることなんてまずなかったので、熱い湯に体を沈めると身も心もほぐれる心地だった。

 

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/25(日) 13:07:23.50ID:t6A7Oy+m0
体が十分温まったところで風呂からあがると、脱衣所に上下のジャージとメモが置いてあった。

「どうぞ使ってください。濡れた服は乾燥機にかけておきます」

奥さんの気遣いに心が温まったが、ここでハッとした。

・・・・・・下着は?

辺りを見回すと、俺のパンツは(USJで買ったエルモのトランクスww)回収済みであるらしかった。
用意されたものはジャージ上下だけで、他にそれらしきものも見当たらない。

・・・ここは、ノーパンで行くしかないっ・・・!!!!

俺は生肌にジャージズボンの繊維が当たる感覚に違和感を覚えながら足を通した。

・・・・・・っ!!!!!

このズボン、でかいっ!!!!!!

俺は体から血の気が引くのを感じたが、ズボンの腰部分が紐で縛るタイプだったので、
なんとか ずり落ち→御開帳 という最悪の図式からは免れることが出来た。

ブカブカジャージを身にまとい余りに情けない姿で先ほどの和室に戻ると、おじさんが座椅子に座ってまったりしていた。そしてその横には・・・

長い黒髪を後ろで結った、えらく可愛い女の子が座ってた。

 

続きは次のページで!!


 
   

今、話題の新着記事