【想いよ届け】「いじめられたらすぐ俺に言え」小学5年生の障がい者を救った名もなきヤンキーの実話





本日の注目ニュース

 
衝撃

これは実話である。

 

学校では不良だ、邪魔だと言われ続けたヤンキー。

 

しかし、そのヤンキーこそが小学5年生の障がい者を救っていたのだ。

 

これはその障がい者の姉が打ち明けた実話である。

 

15歳までしか生きられない小5の障がい者

 

私の弟は小学5年生のとき

「15歳までしか生きられないだろう」

と医者に言われました。

 

弟は脳疾患持ちで、合併症だったのです。

 

脳の病気です。

 

11歳だった弟に、15歳までしか生きられないという現実は

なかなか伝えられませんでした。

 

次のページに続きます…


 
   

今、話題の新着記事