夫が26歳に病気で亡くなった。仕事が忙しかった私は死に目に会えなかった。「離婚届を出して、お前は幸せになれ」→数年後、私は事故に遭い…





本日の注目ニュース

 
衝撃

しかし嫁は仕事中で、気が付くまで9時間以上掛った。
必死に病室に行くと…旦那はいなかった。

 

看護師に聞くと、旦那の母親が遺体を引き取ったらしい。

 

旦那の母親はとある新興宗教の熱心な信者。旦那も名前だけ信者になっていた。

 

嫁が地方の旦那の母親に電話をすると
「葬式はこちらでやります。あなたは信者じゃないし来ないでよ」と。

 

呆然と立ちつくす嫁に、看護師から封書が渡された。

 

旦那からの手紙と離婚届け。

「ありがとう。毎日ボロボロになるまで俺の為に働いてくれて。
おまえはまだ若い。誰よりも綺麗だ。俺の死亡届けより離婚届けを出して。
俺の親はどうしようもない。縁を切って自由になってくれ。
少し悔しいけど再婚して、俺がかけられなかった愛情を
未来のご主人から受けて欲しい。ごめん。愛していたよ。
痩せ続け、手荒れしたおまえの手に涙が止まらなかった。
幸せになって欲しい。ありがとう。本当にありがとう。○○愛しているよ」

 

嫁は号泣して倒れた。

 

次のページに続きます…


 
   

今、話題の新着記事