下っ端893の兄貴分「お前の初仕事だ!!」 ➡︎車の鍵を渡されて指示通り車を運転し、山奥の産廃処理場に行ったら…





本日の注目ニュース

 
衝撃

断るという選択肢は無いので、内容も聞かずに二つ返事で承諾したらしい。 

「はい、じゃあこれ。」 

 

車のキーを渡してきた兄貴分。そんな事は初めてだった。 

「何すか?これ。」 

 

ケンジさんがそう聞くと、兄貴分がニタニタ笑いながら 

「お前の初仕事。」 

 

と言ってきた。とにかくその車を、20キロ離れた山奥にある 
産廃処理場(不法)に持っていけ、との事。 

 

ケンジさんは訳も分からないままキーを受け取り、古めのマーク?を運転して 
処理場に行った。 

 

すると、そこで数人の男たちが待ち構えていた。 

 

「おう、○○(兄貴分)のコレだべ?鍵渡せ、鍵」 
男のうちの1人がそう言った。ケンジさんは何のことか分からず、 
適当に相槌を打って(よく分からない時は、受け流すのがこの世界の鉄則だそう) 
キーを渡した。

 

男は車に乗り込むと、そのまま鉄板と鉄板に挟まれたスペースに車を動かした。

 

次のページに続きます…


 
   

今、話題の新着記事