服装が不潔でだらしなく、あまり好きになれなかった生徒。しかし少年の深い悲しみに触れた先生が取った行動が。。。。





本日の注目ニュース

 
衝撃

学校の先生とはいえ、元は1人の人間です。

もちろん生徒との相性や、人としての

好きや嫌いの感情はある事でしょう。

今回ご紹介する先生もまた、クラスでどうしても

好きになれない1人の生徒がいました。

しかしある事となり生徒の苦しみを知った先生は、

生徒の人生を救う存在となったのです。

どうしても好きになれない少年

その先生が5年生の担任になった時、

一人、服装が不潔でだらしなく、どうしても

好きになれない少年がいた。

中間記録に先生は少年の悪いところばかりを

記入するようになっていた。

ある時、少年の1年生からの記録が目に止まった。

「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。

勉強もよくでき、将来が楽しみ」とある。

間違いだ。他の子の記録に間違いない。先生はそう思った。

2年生になると、

次のページに続きます…


 
   

今、話題の新着記事