妹を溺愛していた父。妹もまたファザコンだった。ある日、父が亡くなって葬儀中に妹だけが笑っていた➡︎その理由とは・・・





本日の注目ニュース

 
衝撃

父と妹の話。 

 

4年ほど前、父が肺がんで亡くなりました。 

過労やストレスなどもあり、余命半年の所、2か月で。 

 

父は大変子煩悩で、遅くできた末妹を、とても可愛がっていましたし、 

また、末妹も極度のファザコンと言えるぐらいに、父とはべったりでした。 

 

「いつも笑い顔でいろ」と言う父の言葉を体現するかのように

妹は太陽のように明るい笑顔。 

 

生まれた時から、妹は内臓に疾患があって病弱だったけど

父はそれでも大変可愛がってました。 

 

父が倒れてから、妹は東京での仕事を辞めて帰郷し、付きっ切りで看病しました。 

 

変わり果てた父の傍で、妹はいつも、手を握って話しかけて居ました。 

「父ちゃん、あれ(テレビに映ってる食べ物)美味しそうだね、父ちゃん早く治ってよ。兄ちゃんに連れてってもらおう」 

笑顔でうなずく父。 

「父ちゃん、父ちゃんが知らない美味しいお酒、いっぱい私知ってるよ。父ちゃんへのお土産にも買ってきたよ。 
だからね、父ちゃん、一緒に飲もうね。おうち帰って、一緒に飲もうね。父ちゃんの好きなレバニラとか塩ホルモンも食べようよ」 

酒好きの父、それは俺と妹に受け継がれています。 

酒の話に、とてもうれしそうになる父。 

 

次のページに続きます…


 
   

今、話題の新着記事