大雨の日に目が見えないおじさんを助けた➡︎娘さんと仲良くなったが、その子も視力が悪くなり徐々に見えなくなってしまい・・・。





本日の注目ニュース

 
衝撃

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/25(日) 13:05:18.93ID:t6A7Oy+m0
なんだか迷惑メールの件名みたいなスレタイだけど、よければ聞いてほしい。
昨日の夜のことなんだけど、俺の住んでる街にものすごいスコールが降ったんだ。
俺は買い物帰りで駅からチャリで自宅に戻る途中だったんだけど、
降るとは思ってなかったので雨具もなにもなく、とにかくダッシュで家まで向かった。

一人暮らしで常に金欠だからコンビニで傘を買うなんて選択肢はまずなくて、
とにかくチャリを走らせた。
大粒の雨は容赦なく体に打ち付けられるし、かなり近くで雷もなっててマジ怖い。
あの時のペダル漕ぐ速さは、ウルトラダッシュモーター並だったと思う。

雨は一向に止む気配もないし激しさは増すばかりだったんでかなり辟易してたんだけど、
信号待ちをしていた時に向かいの歩道を見ると、蛍光シールを貼った棒みたいなのが見える。

視力がいいのが唯一の自慢だったので夜の雨の中よく目を凝らして見ると、
もちろん相手のオーラが見えたわけではなく、視覚障害の人が持ってるあの紅白の杖だった。

どうやら杖の主も突然の雨で焦っているらしいが、道路にはあの黄色い誘導用の線もないし、
その足取りはかなり危なげだった。

この雨だし帰り道を急ごうかと一瞬躊躇したが、チャリを路肩に置いて杖の主の方へ走ったんだ。
近くまで行くと、それは一人の美女・・・

・・・ではなく、中日ドラゴンズのキャップを被った、どこにでもいそうなおじさんだった。

 

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/25(日) 13:06:12.54ID:t6A7Oy+m0
当然そんなキャップでは雨は防げず、体は余すところなくずぶ濡れになっている。
俺もおじさんと全く同じ状況になっているのだが、視覚障害を持った人にこの豪雨と雷は恐怖だろう。

俺「大丈夫ですか!?おじさん。どちらに向かってるんですか?」
おじさんの肩に手を置きながら言った。

おじさん「家に行きたいのですが。」
丁寧な、しかし焦りを含んだ口調でおじさんは答えた。

俺「おぶっていくんで、場所教えてください」
おじさん「申し訳ありません、お願いします」

家の場所を聞いて、さほど遠くないことを知り安堵した・・・けど、

寒いっ!!!寒すぎる。

指先の感覚はほとんど麻痺しているし、体もかなり硬くなってる。
大学にはいって以来全く運動していなかったが、おじさんの体がかなり軽かったことが幸いして、
割と簡単に背負うことが出来た。

おじさんの家は、コンビニの隣の一軒家だった。
分かりやすいところで本当に良かった。

 

続きは次のページで!!


 
   

今、話題の新着記事