「トンネルの上の廃病院」へ肝試して行ったら恐ろしい現実に襲われることに…!





本日の注目ニュース

 
衝撃

「も…もういいだろ?帰ろうぜ」

「あそこだけっ調べてっ来るわ、怖いならお前もうここにいろよっ」

Cが妙に冷たく、たまに何かを飲み込む様に言い放った。

BどCが廊下を慎重に進んで行って、角に差し掛かった。

Bが膝からゆっくりうつ伏せになり、Cは廊下の先を見つめて

「フーッ……フーッ……」深呼吸の様な変な息の吐き方をしだした。

体に動きがなかったから、吐き出してたのか。

Aの言葉を思い出す。

俺には何もできないんだと自分に言い訳をしながら、咄嗟に逃げ出した。

いまやさっきの気持悪い感じが、病院全体に広がってる気がした。

「っおォっ……グッぶっ……ごェえ……」

何か吐き出そうとしているが、何も出てこない。

そんな嗚咽が聴こえてきた。Bの声だ。

直後に妙にはっきり、「んぁ……カ……っカ……り」

音声に、ストロボかトレモロを当てた様な声が聞こえる。

続きは次のページにてご覧ください。


 
   

今、話題の新着記事