「トンネルの上の廃病院」へ肝試して行ったら恐ろしい現実に襲われることに…!





本日の注目ニュース

 
衝撃

俺はそれで少しびびっちゃったんだけど、

「そか、わかった俺たちだけで行くよ」

『俺たち』の中に俺も入ってんだろうなぁと思い、もう着いていくことにした

「なんかあっても、絶対自分たちでなんとかしようと思うなよ。後で誰か連れて来た方がマシだから、すぐにげてこい」Aが言った。

俺は完全にとどめを刺された。

また暫く歩いて、やっとこさ前までついた。

「うほー雰囲気あるなぁ!」

Bは楽しそうだが、俺はさっきAに言われたこともあって、かなりビビり始めていた。

「だれかいますかぁー?きたねぇとこですねー。うわぁボロボロ」

Cは楽しそうに病院に入っていく。

おれはタモリの怖い話を思い出してしまう。

「いたらどうすんだよ、やめとけ」

「録音してるわけじゃないんだから。大丈夫だろw」

一階には手術台?以外特にめぼしい物がなく、二階に上がることにした。

階段を上がって右手に廊下が伸び、その突き当たりで廊下が右に折れていた。

なんかわからんけど、そこがどうしようもなく怖くて気持ち悪かった。

Aの気持ちが分かった気がした。

続きは次のページにてご覧ください。


 
   

今、話題の新着記事